体臭ケアの基本は汗をかいた後の対処

汗が体臭の主な原因?

私は鼻がきくほうだと思いますので体臭などに敏感です。


人間には本来持っている独特の匂いがあると思います。赤ちゃんの匂いだとかオヤジ臭なんて言葉も聞きます。


社会人になって働くと人のいろんなところが気になるようになり気を使います。


体臭も気を使うべき部分だと思います。特に女性は鼻がきくと聞きますので余計に気を使います。


職場で臭いと思われないためにも体臭について気を当然使わなければいけません。


私が職場で気をつけていることは制服を毎日洗い清潔なのを着ることです。


体臭は汗が服について菌が繁殖して臭いのもとになりますからね。


だから、自分では臭いを感じていなくても、汚れていると思えなくてもしっかりと洗うようにしています。


そして制服の下につける肌着も毎朝洗ったものを着ています。体臭は上半身から臭うことが多いので身につけている服はきれいなものの方がいいと思います。


職場で体臭がする人は、やっぱり独身の人が多い傾向があるので、肌着や制服を毎日洗っていないからだと思います。


体臭が気になるのであればシャワーを浴びるのもいいことでしょう。


汗をかくのは仕方がない事なので、それをいかに臭いになる前に対処をするかが大事です。


汗を放置しないことが体臭ケアの基本

汗の臭いを発しないようにするためには放置しないことが一番大切です。


多くの方が勘違いしているのですが、実は汗そのものが臭いことはそれほど多くないのです。


じゃあどうして臭いを発するようになるかというと、汗をかいてしばらく放置しておくと、その中に含まれているタンパク質などを皮膚に存在する菌がエサとして食べてしまうわけです。


タンパク質などを摂り込んだ菌たちが、排出するものが臭うのです。


食べ物が腐って臭うようになるのも、細菌が分解した結果なのは聞いたことがあると思いますが、タンパク質などのミネラルを含むものは放置しておくと臭うようになってしまうのです。


そのため、汗臭さを改善するために汗そのものを出ないようにしようと思いがちですが、そうではなくて、できるだけ早くふき取ったり、着替えをしたりして、菌が汗の成分を分解する前に対処をすることが大事なのです。


特に背中の臭いに注意

特に私が意識しているのは背中の臭いです。


背中って洗いにくいうえに、自分では臭いを感じにくいので、どうしてもケアがおろそかになってしまいがちです。


背中の開いている服を着る方や、夏場ならまだしも、厚着をするような季節に背中の臭いなんて気にしない方の方が多いでしょう。


でも、実は加齢臭の原因の多くは背中から発せられるものであることもわかっていますし、背中は汗腺も多いのですごく臭いの減になりやすいのです。


自分でも気づかないうちに背中から体臭が出ている可能性もあるので、特に汗を拭く、または汗の臭いを改善する効果の期待できる石鹸などを使うといいでしょう。


 背中ケアの参考サイト:背中が臭い!背中から発する体臭の原因と対策


実は女性にも背中が臭いと悩んでいる方は多いので、ちょっと意識してみるといいでしょう。