足の臭いをどうにかしたい!

足の臭いを軽減するための実施した3つのこと

自分の足のにおいが臭いと気付いたのは、玄関で靴を脱いだ瞬間でした。


仕事が終わって自宅へ戻り、玄関で靴を脱いだ瞬間に、鼻に残るほどの強烈なすっぱいにおいがしました。


玄関に置いてある他の靴からにおいが出ているんじゃないかと疑ったのですが、悲しいことに原因は自分の足のにおいでした。


爪を短く切る

靴下を脱いだとき、自分の足の指が長く伸びていることに気付きました。


爪に溜まった皮脂の汚れや細かいホコリ、ゴミから雑菌が繁殖して臭いにおいの原因になるという情報をインターネットで見たことがありました。


これもひとつの原因かもしれないと思い、爪を短く切りました。


爪を短く切ったことで、汚れが溜まることが無くなり、においも気にならなくなりました。


更に足先に清潔感が出て、少しだけ自分の足が若く見えるようになりました。


たったこれだけのケアでも見た目が変わるものだなと、得した気分になりました。


帰宅してすぐ足を洗う

次に考えたのは、爪を切ったあとは足を洗って清潔にし、においを取る方法でした。


厚手の靴下を履いていたので、足が蒸れてしまったことでにおいが出ていると思いました。


早速、お風呂場に向かって足を洗いました。


固形石鹸を普段使っているので、石鹸を泡立てて足の裏や指と指の間、切った爪の間を重点的に、全体を優しく丁寧に洗いました。


洗ったあとは嘘のようににおいが消えました。


5本指ソックス

普段は5本指ソックスを穿いているのですが、家に置いてあったものが古くなり穴が開いているものが殆どだったので処分してしまいました。


最近は寒い時期だったこともあり、かなり厚手の5本指ソックスではない靴下を履いていました。


五本指ソックスのメリットは、指のひとつひとつを包み込むので、指の間の汗を吸収して蒸れにくくしてくれます。


五本指ソックスを穿いていた時期はメリット部分の効果があったせいか、足のにおいが気になることが殆どありませんでした。


すぐに五本指ソックスに履き替えようと思い、急いで買い足しました。私には、この方法が一番合っていたのか、靴下を変えた次の日からにおいが気にならなくなりました。


このことには、とてもビックリしています。


足のにおいが気になる方には、対策のひとつに五本指ソックスに履き替える方法もおすすめしたいです。